fc2ブログ

お肌が敏感な方、アトピー性皮膚炎などの方に正しいお手入れをわかりやすく掲載しております♪

プロフィール

ミナエ

Author:ミナエ
色々な仕事をしています。
・ミナエ化粧品を販売
・食品を販売
・袋とか箱とかの販売
・???
と他1名 主婦

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

偽装問題
最近新聞を賑わしているお肉の偽装問題。
またか、という感じもしますがこのようなことが起こるのは現在の値引き合戦・安売り合戦がある以上なくなることはないと思われます。

数年前に厳しくなった産地限定商材ですが、ここ最近はまた段々と基準がゆるくなってきているような感じがします。三重県の松阪牛も一時はあまりに地域を限定しすぎてモノが集まらず品薄状態が続きました。そのときは値段があまりに高騰しすぎましたが、今はすごく安くなってきています。消費者の方の目に見える末端価格(上代)としてはあまり変わっていないかもしれませんが、スーパーや百貨店はなるべく安く仕入れて利益を多く出したいので、バイヤーは安いものは大歓迎。同じ看板を掲げた商品が安くなるなら飛びつきます。
売上げを上げたい、または他業者からの安い見積もりをはねのけて売上げを維持したい立場では、同じ商品を安く納入するしかありません。とすれば・・・・手段は限られてきます。

まだまだこのような問題は消えることはありません。

テーマ:ビジネス - ジャンル:ビジネス

【2008/06/24 09:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
昨日久しぶりに夜散歩に出たら、歩いて5分くらいのところで蛍がいました。去年は子供達を連れて車で15分くらいのところまでわざわざ見に行っていたのに、こんなに近くで見ることができるとは・・・。まだいるんだなぁとちょっと嬉しかったです。
映画やアニメのように幻想的にたくさんいるわけじゃないけど、1,2匹というわけでもないんで、今度は子供達を連れていこうかなぁと思っております。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2008/06/17 08:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
筋肉痛
こないだの土曜日スキーに行ってきました。翌日が大雪でこちらの高速道路は通行止めになっていたので、一日早くてよかったです。

普段の運動不足により体力・筋力のない体にムチ打って、久しぶりのスキーに挑みました。
翌日激烈な筋肉痛を予想していましたが、それほどでもなく・・・。
しかしそのうちやんわりとした筋肉痛が全身を覆ってきて・・・次第次第に「うぅっ」と痛みが。
これが老化による筋肉痛が遅れてやってくる、というやつですね。寂しいです。

さて、歳をとると筋肉痛が1日2日経ってからやってきます。これは筋肉の修復されるのが遅くなっているからです。

切り傷などを別にして痛みというのは普通血液が終結し、治癒反応がはじまると起こりだします。腰痛にしても足のしびれも同じです。血液が終結し、状態を回復しようとするときに痛むのです。老化により新陳代謝が遅くなってくるとその分痛みだすのも遅くなるというわけです。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

【2008/02/04 16:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ジェネリック医薬品が広がらないわけ
これは簡単です。ジェネリック医薬品を製造している会社というのは普通医薬品業界において後発の会社です。当然従来の医薬品製造会社とは医師や薬業界とのパイプの太さが違います。

そもそも薬の金額というのは特許をとるまでの開発費が一番重要なわけです。開発の期間中ではその薬からは売上げが発生しないので、その期間は先行投資のみです。発売を開始してから元を取るわけです。しかし、表に出てこない金額として支出している研究費やその他の費用(その他の費用とは・・・わかりますよね)が開発費に上乗せされます。勤務時間終了をロビーで待ち、教授や部長級を待ち伏せ、そしてそのまま夜の街へ・・・・なんてことも。

タミフルと異常行動の因果関係を最初否定していたのもタミフルの総輸入元から研究費を支給されていたところでしたよね。
患者側からもっとジェネリック医薬品の使用を求めないと、日本ではずっと普及しないと思います。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/04/17 09:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
世間に流れる情報に振り回されないために
先日から話題になった捏造されたテレビ番組に限らず、世間で宣伝されていること、良いとされている常識などには本当のこととはかけ離れた情報がたくさんあります。より多くの売上げ・利益を追求しなければならない企業のあり方からするとこのような状況も仕方ないのかもしれません。
今の商品開発・宣伝・販売方法については消費者を向いているものはほぼなく、全て企業に合わせたものになってしまっています。いかに原価を安く、製造工程を効率化し、消費者に選ばれやすいようなコピーを考えることが第一優先事項です。
毎年売上げを増やすことを考えないといけないので、従来と同じ商品だけではいけません。だから新しい商品を取り扱う必要が出てきます。どんな組織でも当初は理念があったはずですが、段々その理念と取り扱い商品・サービスが離れてくるのも、この売上・利益拡大の必要性からです。特に上場会社は株主のために売上・利益拡大は必ず目標としなければなりません。
現在は資本主義の末期症状といえます。

テーマ:健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2007/02/14 09:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ