fc2ブログ

お肌が敏感な方、アトピー性皮膚炎などの方に正しいお手入れをわかりやすく掲載しております♪

プロフィール

ミナエ

Author:ミナエ
色々な仕事をしています。
・ミナエ化粧品を販売
・食品を販売
・袋とか箱とかの販売
・???
と他1名 主婦

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

クリームAHのph値は?
Q:アルカリに傾いていると乳化作用があり、せっかくの下地としてのバリアを壊してしまうと聞いたことがあるのですが?どうなんでしょう。
……………………………………………………………………………………
御質問いただきましたクリームAHのpH値についてお答えします。
ミナエ化粧品はクリーム類は全てpH7.0の中性で製造されています。
ローション類は全てpH5.5~6.0の弱酸性です。

シャンプーや洗剤などでやたらとここ数年弱酸性という言葉を耳にしますが、ミナエ化粧品は開発当初よりずっとお肌の弱酸性に合わせた化粧品を販売しております。

下地としてのバリアというのが、お肌の防衛膜のことでしたら、アルカリ性ではお肌がバランスを崩すことは考えられます。石鹸洗顔後くらいの少しの間のことでしたらお肌が自分で弱酸性に戻してくれますが、クリーム等がアルカリ性のもので、常に塗布しているような状態であればお肌に何らかの異常がでてきます。バランスを崩すというのは皮膚に常在する菌が働きを失ってしまうことにより雑菌からお肌を守れなくなることが一因となります。

下地としてのバリアが基礎化粧のことで、合成界面活性剤を使用した化粧品であれば酸性でもアルカリ性でも乳化作用はおきますので、お肌に影響がでることが考えられます。
スポンサーサイト



テーマ:コスメ・スキンケア - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2006/10/30 16:24】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<皮膚への浸透 | ホーム | アミノ酸とかビタミンとか>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://minaeblog.blog58.fc2.com/tb.php/92-e9bc2d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |